やすい株には危険が?

やすい株には危険が?

 ちょいちょい最近株に興味が出てきました。といっても、株買い方なんかを調べているだけで、本格的に手を出そうとはおもいませんが。その中でよく見かけるのが、安い株は危険だから、手を出してはいけない、ということ。どういうことだろう、って最初見たときは思いましたが、よく考えるにつれて納得するようになって来ました。

 

 安い株というのは、その会社自体が株価を挙げれないということになってきます。つまるところはその企業自体に問題がある、ということです。順調に行っていれば業績は右肩上がりで、株価も順々に上がっていくでしょうからね。それならまだいいのですが、株価が安い会社は倒産の恐れがあります。回収できるならまだしも、倒産されたら買った株はただの紙切れです。少しも手元に戻りません。なので、最初手を出すのであれば、安定した企業や、業績が上向きの企業を買うようにすればいいのだそうで。安いことには裏がある、って感じは、どんな世界に行っても同じみたいですね。